ペルソナっぽい真・女神転生とか…

ここ最近、めずらしく新しめのゲームネタが自分の中に入ってきているのですが。
いずれも地味に残念な感じが否めないのでちょっと愚痴。

まずは真・女神転生4。
2つめのトレイラーがyoutubeにアップされたみたいなので見てみたら、キャラクターがペルソナっぽいんですけど。
なんかぐちゃぐちゃ喋ってるんですけど。
どういうことですか…orz
個人的には半端じゃなく、ものすんごいがっかりです。
あーあ。

アトラス繋がりですが、ソウルハッカーズが3DSに移植されるそうで。
ハッカーズに関してはPS版の方をすでに持っているのでさほど興味を引かれなかったのですが、どうやらDS版にはライドウ’sとゴウト’sがでてくるとか。
ま、そこまではいいんですけど。
こっちにも声が…。
ライドウの方はよく分からないんですが、ゴウトの方の人って自分がやってるゲームで割合悪役で出てくるすごい渋い声の人だったような。
結構好きな声だし良い声だとは思うのですが、ゴウトには渋すぎのような気がしないでもないんですが。
ちょっと想像つきません。

でもって最後はレイトンとコラボってる逆転裁判。
主人公がまたなるほどくんに戻った形で逆転裁判の5が出るという話は地味に楽しみだったのですが、今日たまたま立ち読む機会があったゲーム雑誌にレイトンとコラボった逆転裁判が出るとかで目を通していたら、大変残念なお話が…。
なるほどくんに声がついてしかも成宮ってことは、もしかしなくても、あの実写映画の配役ですかい。
つっても俳優女優に疎いので、なるほどくん=成宮って繋がりしか知らないんですが。
果たして、ちゃんと合ってるんでしょうかね。

比較的新しめのFFシリーズとか、ゼノブレイドとか元々声がついてるゲームなんかは面白ければそれはそれで好きなのですが。
声がなくとも十分楽しくて、そのゲームの世界観自体を気に入っていたものに声が後付けされると、えらいモヤモヤします。
そういう時流とは言え、なんだかなあ。

The 3rd Birthdayって、パラサイト・イヴ?

スクエニのダイレクトメールが来ていたので、興味を引かれてサイトを覗いてみたら…。
目的の情報ではなく、違う情報の方に目がいったし。

パラサイト・イヴの続編(?)がPSPで発売されるみたいですね。
公式サイト:The 3rd Birthday

アクションってところに毎度引っかかって、前2作をプレイしたことはないんですが。
毎度、映像は綺麗そうだなーと、心惹かれるものはあるんですよね。


The 3rd Birthday
(PSP)

パラサイト・イヴ2
(PS)

パラサイト・イヴ
(PS)

FINAL FANTASY XII、始めました

ゼノブレイドが~!とぎゃあぎゃあつぶやいていたにもかかわらず、長く遊べるRPGがしたい病が出ちゃいまして。
数日前からファイナルファンタジー12をやり始めてしまいました。

つっても、2周目なんですが。
うはは。

おかげでゼノブレイドはしばらく様子を見て、何もするものがなくなったら買おうかな、という感じになりそうな予感。
さておき。

ネット上で評判を見たら結構残念な感想が多いように見えるFF12。
FF13も出たなあ…と思いつつ、今年に入ってやっと購入に至ったのだけど、個人的にはプレイしたことのあるFFシリーズの中で、一番好みかも知れない勢い。
キャラもストーリーもわりと好きな感じなのですが、中でも特に、あのだだっ広いフィールドの中を時折ドラゴン系モンスターと戯れながら散歩するのがとてもステキ感覚。
ちょっとやみつきです。

なんか、ああやってフィールドを無意味にうろついてると。
何となくゼルダの伝説~時のオカリナを思い出したり。
あれをやってたときも馬に乗って無意味にうろついてるのが好きだったんですよね。

逆転裁判の次はゴーストトリック – GHOST TRICK

逆転裁判シリーズを生み出した巧舟の新作「ゴースト トリック
今度は主人公がゴーストらしいです。
相変わらず愉快な脳みそしてますなー。

なにやら主人公がいろいろな物に取り憑いて登場人物たちの運命を変えて助けていくことで物語が進んでいくみたいですが。
カプコンの公式サイトに用意されている体験版をプレイしてみると大体の雰囲気はつかめるんじゃないかな、と。
今月が発売予定らしいので試しにやってみたのですが、めでたく製品版が欲しいモードに…。

うーん、どうしよ。

公式サイト:ゴーストトリック 公式サイト

東京といえば真・女神転生(ノクターン&マニアクス&クロニクル)

2日かけて東京へと行ってきたのですが。
東京へ行って電車に乗り地名を見ていると、そこはかとなく楽しくなる傾向有り。

シブヤ…ああ、フォルネウスは来ないよ、とか。
イケブクロ…ああ、ゴズテンノウいたね、などなど。

即、脳内が真・女神転生III~ノクターンモードに入ります。
アヤシイね、自分。

残念ながら万人受けするゲームではないみたいなのですが。
ときおり理不尽にボコボコにされるようなシビアな戦闘とか、凝ったマップ&ギミックとか。
個人的にはこれまでやってきたRPGの中で、ベスト3に余裕で入るゲームだったりします。

Devil May Cryダンテが出てくるマニアクスバージョンは入手困難になっているのですが。
ダンテの部分をデビルサマナー 葛葉ライドウライドウに置き換えたバージョンとノーマルバージョンは今でも入手可能なので、未プレイで、ちょっと理不尽な感じでもプレイ可能な人にはオススメしたいゲーム。

そういえば。
ノクターンが出た頃、ちょうど浅草観光ができることになって。
それはもうウッハウハで「有名な雷門の先にはマネカタがいるのさ♪」と、アヤシイ妄想全開で雷門の前に立ち。
右を見ても左を見ても前を見ても、でかい提灯がぶら下がっていなかったときのあの切なさ。

ちょうど張り替えか何かで、てっきょされていたらしいですが。
あのときの切なさはも、東京に行くたび思い出されます。ええ。

[wii]影の塔-光と影を駆使して進むゲーム

ちょっと前につぶやいていたゼノブレイド同様、
こちらも少し気になるゲーム。

影となった主人公が、自分の体を取り戻すために
光と影のギミックをときながら塔の頂上を目指すとか何とか。
なんかちょっと面白そう。

なのですが。
アクションゲームってのが個人的に微妙。

苦手なんだよね、アクション。
面白そうなんだけどなあ。

公式サイト:[wii]影の塔

ゼノギアス、ゼノサーガep1と来てゼノブレイド(Xenoblade)

久しぶりにゲームコーナーをうろついてたら
ゼノブレイドなる文字が。

これってばゼノギアス&サーガの関連作品か?と
調べてみれば、ゼノギアス、ゼノサーガep1の
監督した人の新作らしいお話。

サーガのep2、ep3はともかく。
ep1は結構楽しめたので、ゼノブレイドはちょっと楽しみ。
久しぶりに楽しめるRPGだといいなあ。

公式サイト:[wii]ゼノブレイド – Xenoblade –